お知らせ
日本円の札と硬貨

投資とはどういう行為か、この答えを一言でいうのはなかなか難しいです。
実際に目に見えるものとしては株や債券を買ったり、日本円で外国通貨を買ったりというのが一般的でしょう。
銀行預金を投資と呼ぶ人はあまりいないでしょうが、非常に広い意味で考えればそれも含まれます。

さらには、最近はやりの言葉として、自分に対する投資などという言い方がされることもあります。
単に毎日の仕事をこなすだけではなく、将来の自分を見据えて例えば語学を学ぶ、ジムに通うなどということのほか、旅行をして見聞を深めたり、芸術に触れて自分の感性を磨くといったことまで自分に対する投資と呼ばれることがあります。
このように見てくると、だいたいの共通点が浮かび上がってくるのではないでしょうか。
将来的に何らかのプラス、見返りがあることを期待して、それに対して今のうちから何らかの援助、支援、資金提供を行うといったことが共通しているように思われます。

まさにこれが投資なのです。
これは将来的に有望で成長が期待できるが、放っておいて勝手に成長するわけではなく、そのために何らかの支援や援助を必要としている、そして実際に成長した暁には、かつて支援や援助をした人に対してはそれなりの見返りを与えてくれるだろう、というのが基本的な物の考え方です。
そして、お金でもって支援や援助を行うのが株取引に代表される金融投資なのです。
ですから、あくまでも将来に期待できるからお金を出すというのが基本的な姿であって、いままさに株価が上昇基調にあってこの流れは短期的には続くと思うからお金を出す、ある程度儲けが出たらその時点ですぐ売るつもりだというのは、この意味からすると投資ではないことになります。

投資については理解できたけど実際に投資をするとなったら慣れていないうちは大きな損失を出してしまうのではないかと不安になる人もいらっしゃると思います。
そういった人は投資顧問会社を利用するのが一番よい方法でしょう。
投資に関する適切なアドバイスをくれますので、今後利益につながる投資先も教えてくれます。
ただ投資顧問会社にも悪徳な業者がいることを忘れてはいけません。
確実に信頼のできる会社を選ぶことが前提での話になってきます。
見極める方法としてはインターネットなどに載っている口コミ情報を見ることも大切です。
投資を始めるときは大損害とならないように、まずは情報収集を確実に行うことが賢明と言えるでしょう。

記事一覧

会社が未上場というのにはいろいろなケースがありますが、例えばデンカ生研の場合は以前は上場していたこと...

A.S.E.A.N.中心国であるインドネシアは世界第四位の人口を擁する大国で、その堅調な経済は世界中...

握手する人たち

株主優待制度の充実している投資銘柄としては、居酒屋「甘太郎」などを展開しているコロワイドや、家庭電化...

グラフ

株などに投資する際はその企業自体の技術などだけではなく、円高円安などの条件にも常に気を配らなくてはい...

財布にあるお金

投資には株式、商品先物取引、投資信託、FX、外国為替証拠金取引と様々な金融商品があります。 投資を考...

笑っている男女

始めての投資なら、やはり国内株がよいでしょう。 その理由は、何といっても情報が多いことです。 国内企...